ヒューマンフローラは皮膚常在菌を育てるスキンケア

ヒューマンフローラ

NHKでも特集された『ヒューマンフローラ』のスキンケアセットが人気ですね!
皮膚常在菌を育てることに着目した新しいスキンケアで、
赤ちゃんからお年寄りまで敏感肌も気にせずに使用できるとの事。
敏感肌やアトピー改善などにも有効ということで、さっそくお得なトライアルセットを使ってみました!

 

ヒューマンフローラとは?

最近よく聞く『腸内フローラ』とは、腸の中に生息している腸内細菌のこと。
だから『ヒューマンフローラ』とは、人間の体、特に皮膚に生息している細菌のことで、
この皮膚の表面に生息している最近は『皮膚常在菌』とも言います。

 

ヒューマンフローラ

・皮膚常在菌とは
健康なヒトの皮膚表面に通常に存在する菌のこと.皮膚定住菌ともよばれ,一見,清潔に見える健康な皮膚にも,われわれの目に見えない約102〜107 cell/cm2の微生物が存在する.表皮ブドウ球菌(Staphylococcus epidermidis)をはじめとするMicrococcus属細菌やアクネ菌(Propionibacterium acnes),そして酵母の一種などが存在することが知られている.これらは通常,健常な皮膚に病変を起こすことはなく,むしろほかの病原微生物の付着・増殖を抑制していると考えられ,皮膚の最外層である角層に存在する生体由来の物質(水分や塩類,皮脂や角層細胞間脂質など)と相互に作用し,外界からの物理的,化学的,細菌などによる刺激から生体(おもに皮膚)を守る防御機能の一端を担っている.たとえば,皮脂は常在菌の酵素リパーゼによって代謝され,トリグリセリド,ジグリセリドや脂肪酸となり,これら代謝物が常在菌以外の微生物の増殖を抑制することが知られている。
(化粧品用語集より)
http://www.sccj-ifscc.com/terms/detail.php?id=265

 

人間の皮膚、特に顔の皮膚には常在菌が多く、その数は20種類、数百億個と言われています。

 

近年の研究によって、この皮膚常在菌は乾燥・色素沈着・抵抗力低下・炎症・老化・シワなど、様々な肌の障害を防ぐ働きをしていることがわかったのです。

 

ヒューマンフローラ

 

代表的な皮膚常在菌

ヒューマンフローラ

表皮ブドウ球菌(スタフィロコッカス・アウレウス菌)

皮脂成分のトリグリセリドを脂肪酸とグリセリンに分解する大切な役割を持ち、このことが皮膚を弱酸性に保っています。
黄色ブドウ球菌などの悪玉菌は、アルカリ性を好むため、表皮ブドウ球菌が皮膚を弱酸性に保つことで、皮膚を痛める雑菌の繁殖を防いでくれるのです。

 

アクネ菌

ニキビの原因菌として良く知られますが、本来は表皮ブドウ球菌と同様に皮膚環境を保護する重要な菌です。
しかし思春期のホルモンバランスの変化や、バランスの悪い食事、不規則な生活によるストレスで皮脂が過剰に分泌されると、毛穴詰まって炎症を起こし、アクネ菌が必要以上に増殖してニキビの原因になります。

 

黄色ブドウ球菌

食中毒の原因としてよく知られますが、皮膚ではにきびや水虫などにある化膿性疾患の主な原因になります。
健康な人でも喉や鼻の中に多く存在し、この菌が作る毒素を食品と一緒に食べて摂取するのことで、食中毒になることがあります。
皮膚の菌バランスが崩れてアルカリ性に傾くことで増殖し、特にアトピー患者の皮膚では激増していることがわかっています。

 

マラセチア真菌

酵母菌の1つで、健康な皮膚には影響がありませんが、脂漏性皮膚炎やふけの原因になると言われているほか、アトピー性皮膚炎を悪化させる原因としても知られています。

 

皮膚のバリアを作る皮膚常在菌

よく化粧品の宣伝で、「バリアがあるから化粧品成分が真皮まで届かない」というのを聞いたことありませんか? 
そのバリア層はこの菌自身がつくっていおり、この善玉菌がつくるバリア層の働きは、病原菌・雑菌などの侵入、定着を防ぎ、紫外線のダメージも大きく軽減してくれるのです。

 

またこの善玉菌が産生する成分などで保湿膜をつくり、細胞をつくる大切なものを増やしたり、
弱酸性肌を維持し、免疫力のある“トラブルのない透明感のある 魅力の肌”を創ってくれるのです。

 

“善玉菌:皮膚常在細菌、頭皮常在細菌”を減少させず、バランスを保つことが 魅肌づくりの大切な基本なのです!!

 

特に、表皮ブドウ球菌は「美肌菌」とも呼ばれる良い働きをする菌です。
全身の皮膚の角質のすき間などに隠れており、特に菌数の多い顔では数億個が生息しています。

 

この菌は肌に潤いを与えるグリセリン関連物質を分泌したり、肌荒れやアトピー性皮膚炎を引き起こす黄色ブドウ球菌を退治する抗菌ペプチドを産生し、肌を守る大切な役割を担っています。

 

またアクネ菌は、従来、ニキビ(英語で「アクネ」)の患部から検出されるため、ニキビの原因と考えられていました。
しかし後に、全ての人の毛穴の中に多く存在しており、また肌を弱酸性に保って守る働きをしていることが判りました。
つまり悪い菌ではない側面もあるのです。
後の研究によって、ニキビの主な原因はアクネ菌そのものではなく、毛穴の詰まりであることがわかっています。

 

このように、私達の皮膚には、皮膚を守る働きをする皮膚常在菌がたくさんいます。

 

この菌たちを守って育てていくことにフォーカスしたのが、ヒューマンフローラの整菌スキンケアというわけです。

 

肌を守る皮膚常在菌の働き

・皮膚常在菌が肌を弱酸性に保ち、悪玉菌の繁殖を防ぐ。
・皮膚表面の菌バランスが保たれることで、他の雑菌の侵入を防ぐ。
・皮膚常在菌が存在することで、常に免疫が刺激され、免疫力が強くなる。

 

試してみるなら、絶対トライアルセット!

ヒューマンフローラは、ローション、ミルク、シャンプーなどのシリーズからなるスキンケアラインです。
店頭での販売はあまりなく、買うならネット通販が基本になるのですが、楽天などでは取扱がないんですよね。

 

普段利用している通販サイトで買えれば便利なんですが、残念ながらヒューマンフローラは楽天では買えません。
買うなら公式通販サイトになるのですが、ここでは超オトクなトライアルセットが用意されています!

 

整菌スキンケアシリーズの、ボディソープ、ローション、ミルクと、
それらを収納できるポーチがついてなんと1,000円!

 

これは安い!
「まずは試してみたい」という方には絶対オススメです。
ちなみに、携帯にもちょうどいいサイズなので、旅行用にも便利だと思います♪

 

ヒューマンフローラの公式サイトはコチラです♪

▼▼▼CLICK▼▼▼

>>ヒューマンフローラ公式サイト<<

 

ヒューマンフローラシリーズの使用感

ヒューマンフローラシリーズには、ボディソープ、ローション、ミルク、クリーム、シャンプーなど多くの種類があります。
その中でも代表的な、プレミアムボディーソープ、プレミアムローション、モイスチャーミルクの3つの使用感をお伝えします!

【プレミアムボディソープ】

ヒューマンフローラ
今までどんなに「肌に優しい」「敏感肌用」と謳われているものを試しても、改善しませんでした。

 

肌状態が悪い時こそ何回も洗う、という、普通ではありえない使用法に、ほんとに大丈夫?とも思いましたが、口コミで評判が良かったのでで試してみました。

 

泡は優しく滑らかな感じです。ちなみに泡立てネットは使用不可との事です。
やさしく撫でるように洗って、ぬるっとした感じを残す程度に洗い流す。
流しすぎないこともポイントみたいです。

 

でも、最初は本当にそれでいいのか不安で、結構洗い流しましたが、それでもつっぱらずに、滑らかな肌に仕上がります。
しかも説明に2度洗い推奨とあったので、2度洗いました。

 

肌にまったく刺激がないので、ひりつきやかゆみがある時も大丈夫です。

 

そして、私の一番問題だった、何年越しの炎症部分にもしみず、赤くならず、乾燥せず、逆に滑らかな膜を張ってくれるかのように、
数日使い続けるうちに、明らかに肌質は改善しました!

 

善玉菌の働きを助ける作用があるようで、洗顔ついでに手のあせもも治りました(笑)

 

肌の皮膚常在菌を整えるというコンセプト通り、肌を健康な状態に近づけることで結果的にトラブルのない肌に整っていく感じです。
アトピーや肌荒れ、超敏感肌の人に超オススメしたいです!

 

【プレミアムローション】

ヒューマンフローラ
このローションは、アトピー肌にもしみないし、とっても気持ちいいです。
継続していると肌の赤い部分も無くなってきましたし、長年の炎症皮むけも、ほとんどなくなりました。

 

アトピー&脂漏性皮膚炎を患っている肌でも、刺激もなく痒みが引き、使用感は良いです。
値段はしますが、それなりの価値はあります。

 

テクスチャはサラサラとしたローションなのですが、顔全体に伸びてしっかり保湿してくれます。

 

「皮膚常在菌を育てる」というコンセプトが、他の敏感肌向け化粧水と全然違うので、今ままで様々なローションを試してもダメだった方にもオススメです。
アトピーでぼろぼろだった子供にも塗ってあげているのですが、かなりつるつるになってきました。

 

顔・ボディ・頭皮ケアとマルチに使えるとのことですが、いかんせんローションは高いので、私はそこまで贅沢に使えません(笑)

 

モイスチャーミルク

ヒューマンフローラ

 

こちらのミルクは、テクスチャが柔らかく伸びがとてもいいので、顔につける時も滑らかに伸びて肌に負担がかからないところが良いですね。

 

「アトピー肌の私には保湿力が足りないかもっ」て思うくらいの軽いミルクなので初めは不安だったのですが、
使ってみると全然そんなことがなくて、ずっとしっとりが持続しています!
それなのに、ベトベト油浮きしたりもしないので、これには感動です!

 

頭皮にも使えるとのことですが、頭に使うと髪がけっこうペッタリします。当たり前ですが(^_^;
頭皮の湿疹やかゆみなどに悩んでいる方にもオススメかも知れません。

 

ローションよりは安いので、全身にふんだんに使いたい場合にはミルクの方がオススメです!
私はラインで使ってみましたが、よっぽどひどくない場合はボディソープの後にローションかミルクかどちらか一つでも十分だと思います。

 

どちらにせよ、トライアルなら3種類使えるので、肌トラブルに悩んでいた方には超オススメです!!

 

ヒューマンフローラを使った口コミ

先日、ボディソープとローションを買いました。
私は、以前から冬になると全身がカサカサになり、夜もかゆくて眠れない有様でした。
ところが、このヒューマンフローラを使ってその日から、かゆみで夜起きることがなくなりました。
実感を試すために、何もつけずに寝た日は、かゆくて起きてしまいました。
使うほど良いと聞いたので、以後、回数を多めに使っています。
よる、かゆみで起きることはなくなりました。
心なしか、肌が柔らかくなっている気もします。
SK様。30歳男性

 

ボディソープを毎日使っています。
今までは体、顔しか使っていませんでしたが、試しに髪にも使ってみたら、なかなかイイ感じでした!
最初は量をためらって少ししか使っていませんでしたが、これはいっぱい付けたほうが良いですね。
髪が長いので、あまり付けないよりはいっぱい付けたほうが、より髪がサラサラするし、リンスもいらないのでコスパもいいですよ。ほんとに。
もちろん、その泡で顔も、体も一緒にあらっています。
YA様。20代女性

 

今まで市販のボディソープを使っていたときは、状態の良くないところに沁みるし、突っ張ってカサつくので、お風呂に入る事自体が億劫でボディソープも使わなくなっていました。
でも、ヒューマンフローラのボディソープには驚きましたね。
低刺激で全然しみないし、洗い心地がよくて洗い上がりもしっとりするので、今は安心してお風呂に入っています。
敏感肌で、風呂で湯洗いだけの人は結構いると思います。
そんな人は、使ってみると違いがよくわかると思いますよ。
状態がひどいときは、風呂の後ローションとミルクを使っていましたが、しばらく使っていると肌の状態も良くなってくるので、今はミルクだけで良い感じです。
OT様。30代男性

 

今までのボディソープと違って、ヒューマンフローラのボディソープは使ったあと、しっとり、もちもちする感じがして、孫にも使っています。
赤ちゃんにも気持ちよさがわかるらしく、これで洗うとお風呂で喜んでくれるんです。
乾燥しやすい季節には手放せないですね♪
MA様。50代女性

 

詳しくは公式サイトで♪

▼▼▼CLICK▼▼▼

【ヒューマンフローラ】

 

ヒューマンフローラ

整菌スキンケアは敏感肌、アトピーにも有効

皮膚常在菌の多くは、皮膚の表面近くに住んでいるため、石鹸などで洗顔をすると洗い流されてしまいます。
洗顔は、汚れや化粧品などを落とすために不可欠なことですが、汚れと一緒に皮膚を守る善玉菌まで流してしまうのです。

 

洗い流された菌数が回復するまでには半日程度かかるので、皮膚常在菌の効果を生かすためには石鹸洗顔の回数はせいぜい1日1回にとどめましょう。
また、汗は表皮ブドウ球菌の栄養になるほか、病原菌を退治する抗菌ペプチドにより表皮ブドウ球菌の働きを助けるため、普段汗をかくことは好ましいことです。

 

ヒューマンフローラ

 

ヒューマンフローラの整菌スキンケアは、従来の洗浄剤とは逆の発想から作られたボディソープです。
お肌に住む菌を整え、外部刺激を防ぐので、洗えば洗うほどお肌にバリアを作ってくれ、しっとりやわらかいお肌に導きます。

 

体に不必要な物は落とし、必要な皮膚常在細菌を残し・育てる研究に基づき開発されているのです。

 

大事な "善玉菌" までも洗い流してしまわないよう、善玉菌を応援する優しい処方となっており、洗浄力は控えめです。
洗う=殺菌、消毒が最良な処方ではないということですね。

 

表皮ブドウ球菌をはじめ、善玉菌であるプロピオニバクテリウム・アクネス菌とスタフィロコッカス・エピデルミディス菌の活性因子である成分を配合しており、皮膚常在菌を守り、育てて、肌本来のバリア機能、回復機能を取り戻すことを目的としています。

 

ですから、アトピーや敏感肌などトラブル肌ほど多くの回数を使用して頂くことで、お肌の善玉菌バランスを整え、より良い状態に保つので、お肌の状態に関わらず使うことができます。

 

敏感肌の方は、「洗いすぎはダメ!」と言われる一方、洗わなければ汚れで肌が痛むジレンマに悩んでいる方も多いと思いますが、そういう方にこそぜひ使っていただきたい商品です!

 

専門家も有用性を確認

ヒューマンフローラ
平成15年1月、全国の皮膚科医600名あまりが出席した「日本皮膚科学会」で、武田克之徳島大学名誉教授が、ヒューマンフローラの整菌スキンケアシリーズを使用した実験で、皮膚の菌バランスの実績推移データにより、整菌スキンケアと常在細菌の有用性を発表しました。

ヒューマンフローラ

 

酒さ・脂漏性皮膚炎などの方でも使えます

酒さ性ざ瘡、脂漏性皮膚炎などの皮膚トラブルをお持ちの方でも、ヒューマンフローラの整菌スキンケアは有効です。

 

酒さや脂漏性皮膚炎では、多くの場合肌の菌バランスが崩れ、マラセチア菌などの異常繁殖が起きています。
異常繁殖した菌の代謝物で皮膚が炎症を起こしているのです。

 

また、皮膚科を受診すると抗炎症のステロイドと抗真菌薬が処方されますが、
抗真菌薬で他の善玉菌まで殺菌してしまうことで、菌バランスがさらに崩れるため、
使用期間が長くなるほどに、さらなる肌トラブルのリスクが高まります。

 

ヒューマンフローラは善玉菌を育てて菌バランスを整えてくれるため、
長期的に見て酒さや脂漏性皮膚炎の改善に有効と考えられています。

 

薬によって一時的に改善したとしても、マラセチア菌の増殖しやすい環境のままではまた再発してしまいます。
根本的にな改善には、自分の肌の”菌バランス”を整えることが不可欠なのです。
>>脂漏性皮膚炎について詳しくはコチラ

 

ヒューマンフローラ

もちろん赤ちゃんにも使えます!アトピー予防にも有効!

整菌スキンケアのヒューマンフローラは、皮膚を守る細菌を育てるスキンケアですから、もちろん赤ちゃんにも使用することが出来ます。
赤ちゃんは乳幼児湿疹などの皮膚トラブルを起こしやすく、毎日の保湿は欠かせないポイントですよね。

 

その点に関して、毎日の保湿がアトピー・アレルギー予防に有効な事がわかっています。

 

【日本経済新聞】保湿剤でアトピー3割低下 新生児に毎日使用で

 新生児に出生直後から毎日保湿剤を塗ると、約8カ月後のアトピー性皮膚炎の発症率が3割低下したとの研究成果を、国立成育医療研究センターがまとめ、1日発表した。

 

 国内では未就学児の10〜30%がアトピー性皮膚炎を患っているとされる。アトピー性皮膚炎になると食物アレルギーなどのほかのアレルギー性疾患にもなりやすいとされ、これらの発症予防につながる可能性がある。

 

 チームは、アトピー性皮膚炎になった経験のある親を持つ新生児118人を、毎日1回以上、全身に保湿剤を塗るグループと、特別なスキンケアをしないグループに分け、32週後に専門医が湿疹の状態を診断した。

 

 その結果、保湿剤を塗ったグループは、アトピー性皮膚炎の発症率が約3割低かった。乾燥で角質細胞が傷つき皮膚の保護機能が低下するのを予防できたとみられる。

 

 血液を調べた結果、アトピー性皮膚炎になった場合は、卵アレルギーを発症しやすいことも分かった。同センター生体防御系内科部アレルギー科の大矢幸弘医長は「アトピー性皮膚炎の発症率をさらに減少させ、食物アレルギーの発症予防を実現したい」と話した。〔共同〕
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO77834710S4A001C1CR8000/

 

皮膚のアトピーと、食物アレルギーは実は密接に関連しており、
毎日の保湿でアトピー予防⇒食物アレルギーも予防
ということが、最近わかってきています。
>詳しくはコチラのページへ

 

乳幼児のお子さんをお持ちの家庭では見逃せないニュースですよね。
どちらにしても、毎日お風呂で身体を洗うわけですから、その石鹸をヒューマンフローラに変えることで、
赤ちゃんやご家族の将来の幸せにも、想像以上の影響が出てきそうです♪

 

乳児湿疹っていつから症状が出るの?

ヒューマンフローラ

赤ちゃんの顔や体に赤い吹き出物のような症状が現れることがありますが、これを乳児湿疹と呼びます。

 

この乳児湿疹は、生まれてすぐに症状が現れる場合と、生後1ヶ月経ってからのこともあります。

 

ですから、いつから症状が出るかということは、個人差があると考えて差し支えありません。
赤ちゃんに現れる乳児湿疹は、大抵は生後半年までの間に現れる症状ですから、この期間に出た症状は病院に行って医師の診察を受け、適切なケアをすれば、症状が広がることを避けられます。

 

乳児湿疹はアトピーとは違い、顔だけではなく、手や足、体の全ての部位に出ますので、比較的乳児湿疹と見極めやすいです。
このため、いつからこうした症状が現れるのかを把握しておけば、不安になることはありませんから、赤ちゃんの身体の状態を常にチェックしておきましょう。

 

なお、赤ちゃんは汗をかきやすく、皮脂の分泌も盛んになっている時期ですので、できるだけこまめに汗を拭いたり、赤ちゃんの体がベタつかないように肌のケアをしてあげることも大切です。
その際、洗いすぎてしまうと乾燥を引き起こしますので、ヒューマンフローラシリーズでしっかり潤いも与えてあげるのが大切です。
そうすることで、汗や皮脂が原因となる乳児湿疹を防ぐこともできますから、生後から6ヶ月ぐらいまでの期間は、赤ちゃんの肌状態に気を配ることが大事です。

 

 

ヒューマンフローラで悪化する?低評価の原因とは?

ヒューマンフローラ

ヒューマンフローラの整菌スキンケアは、従来のスキンケアのように、汚れを落としたり美容成分を浸透させたりするものとは違う新しいアプローチですが、
ネット上では「ヒューマンフローラを使ったら症状が悪化した」という口コミもあるようです。

 

この原因としては次のようなものが考えられます。

 

・洗う時にこすりすぎている。
・洗った後に流しすぎている。

 

・腸内環境が悪化している

 

・好転反応の可能性

 

上2つは洗い方の問題。
いくら肌に優しい洗顔料を使っても、それで洗う時にこすり過ぎてしまっては、肌にダメージを与えてしまいます。
洗うとき、またタオルで拭く時も、優しくこすり過ぎないようにしましょう。

 

また、ヒューマンフローラには美肌菌を育む成分も含まれているため、流し過ぎもよくありません。
「洗い上がりがヌルっとしている」という声もありますが、それでちょうどいいのです。
あまり流しすぎてしまうと、必要な皮脂まで流してしまうので注意が必要です。

 

腸内環境の悪化は、体内の問題です。
いくら皮膚の表面をケアしても、体内から出てくる症状は防げません。
そもそもアトピーやアレルギー性皮膚炎は、体内での免疫の過剰反応が原因であるため、
腸内環境が悪化して、毒素を排出できていない可能性も考えられます。

 

このような場合は、皮膚へのケアだけでなく、腸内環境へのケアが必要になってきます。
>>詳しくはこちらのページ

 

そして最後に、悪化したようにみえる”好転反応”の可能性です。

 

アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎などの治療の際、
体質改善によって、今までたまっていた有害物質の排出が促進されて、
一時的に肌の状態が悪化することがよくあります。

 

これを”好転反応”といいます。

 

これは身体が有害物質と戦って外に出していることで起こるものですので、
この場合はまさに”効いている”ことの証明なのです。

 

通常、好転反応は一週間から二週間程度で収まり、症状も改善されていくものですが、
不安な場合は、ヒューマンフローラのアドバイザーに電話で相談することが出来ます。
購入者であれば、かなり親身に相談に乗ってくれますので、オススメです。

 

もしくは、お近くの皮膚科医に相談してもいいと思います。
現在は、整菌スキンケアの認知度もかなり高まっていますので、お医者さんであればより正確に診断してもらえるでしょう。
>詳しくはこちらのページ

 

ヒューマンフローラ

ヒューマンフローラは肌を育てるスキンケア

「肌を育てる」って、今までのスキンケアではなかった概念ですよね。
自分の肌の本来の力を育てること。
ずっと薬に頼らなくても、自分の本来の力で肌をよみがえらせることは出来るんです。
今までのスキンケア用品が何を試してもダメだった。
アトピーが治らなくて辛い。
そんな方こそ、ぜひ一度ヒューマンフローラを試してみて下さい!!

 

ヒューマンフローラの公式サイトはコチラです♪

▼▼▼CLICK▼▼▼

>>ヒューマンフローラ公式サイト<<


ヒューマンフローラ シリーズの全成分

プレミアムボディーソープ

有効成分:グリチルリチン酸2K
その他の成分:酵母エキス(3)、オリブ油、ビタミンA油、d-δ-トコフェロール、ニーム葉エキス、シソエキス(2)、トウキンセンカエキス、ローマカミツレエキス、クレマティスエキス、Lーセリン、塩化0-[2ーヒドロキシー3ー(トリメチルアンモニオ)プロピル]ヒドロキシエチルセルロース、グリセリンモノ2ーエチルヘキシルエーテル、マンガンバイオレット、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、アルキル(8~16)グルコシド、濃グリセリン、ジイソステアリン酸ポリグリセリル、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液、ヤシ油脂肪酸メチルアラニンナトリウム液、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、ラウリン酸ジエタノールアミド、1,2?ペンタンジオール、テトラ2ーヘキシルデカン酸アスコルビル、塩酸ピリドキシン、ポリアスパラギン酸ナトリウム液、塩化ナトリウム、塩化Nー[2ーヒドロキシー3ー(ラウリルジメチルアンモニオ)プロピル]加水分解ケラチン、2ーメタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・2ーヒドロキシー3ーメタクリロイルオキシプロピルトリメチルアンモニウムクロリド共重合体液、グリシン、クエン酸、1,3ープチレングリコール

 

プレミアムローション

有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム
その他の成分:加水分解コラーゲン液、酵母エキス(3)、スクワラン、モモ葉エキス、シソエキス(1)、トウキンセンカエキス、ローマカミツレエキス、セージエキス、クレマティスエキス、ニーム葉エキス、yーグルタミン酸ポリペプチド、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、Lーアルギニン、モノラウリン酸ポリグリセリル、トレハロース液、ソルビット液、大豆リゾリン脂質液、ビタミンA油、1,3ーブチレングリコール、マンガンバイオレット、ポリオキシエチレンメチルグルコシド、1,2ーペンタンジオール、1,2ーヘキサンジオール、グリセリンモノ2ーエチルヘキシルエーテル、キサンタンガム、グリシン、トリメチルグリシン、濃グリセリン、クエン酸、クエン酸Na

 

モイスチャーミルク

有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム
その他の成分:酵母エキス(3)、ホホバ油、オリブ油、コメヌカ油、スクワラン、加水分解コラーゲン液、水素添加大豆リン脂質、d-δ-トコフェロール、大豆リゾリン脂質、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、コレステロール、ローマカミツレエキス、セージエキス、クレマティスエキス、ニーム葉エキス、シソエキス(1)、モモ葉エキス、トウキンセンカエキス、トレハロース、Lーアルギニン、ビタミンA油、マンガンバイオレット、1,2ーペンタンジオール、グリセリンモノ2ーエチルヘキシルエーテル、1,3ーブチレングリコール、(2S,3R)?2?オクタデカノイルアミノオクタデカンー1,3ージオール、濃グリセリン、ヒドロキシエタンジホスホン酸四ナトリウム液、べヘニルアルコール、ペンタステアリン酸デカグリセリル、ステアロイル乳酸ナトリウム、親油型モノステアリン酸グリセリル、メチルポリシロキサン、テトラ2ーヘキシルデカン酸アスコルビル、カルボキシビニルポリマー、2ーメタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液