ヒューマンフローラは赤ちゃんにも有効

ヒューマンフローラ

整菌スキンケアのヒューマンフローラは、皮膚を守る細菌を育てるスキンケアですから、もちろん赤ちゃんにも使用することが出来ます。
赤ちゃんは乳幼児湿疹などの皮膚トラブルを起こしやすく、毎日の保湿は欠かせないポイントですよね。

 

その点に関して、毎日の保湿がアトピー・アレルギー予防に有効な事がわかっています。

 

【日本経済新聞】保湿剤でアトピー3割低下 新生児に毎日使用で

 新生児に出生直後から毎日保湿剤を塗ると、約8カ月後のアトピー性皮膚炎の発症率が3割低下したとの研究成果を、国立成育医療研究センターがまとめ、1日発表した。

 

 国内では未就学児の10〜30%がアトピー性皮膚炎を患っているとされる。アトピー性皮膚炎になると食物アレルギーなどのほかのアレルギー性疾患にもなりやすいとされ、これらの発症予防につながる可能性がある。

 

 チームは、アトピー性皮膚炎になった経験のある親を持つ新生児118人を、毎日1回以上、全身に保湿剤を塗るグループと、特別なスキンケアをしないグループに分け、32週後に専門医が湿疹の状態を診断した。

 

 その結果、保湿剤を塗ったグループは、アトピー性皮膚炎の発症率が約3割低かった。乾燥で角質細胞が傷つき皮膚の保護機能が低下するのを予防できたとみられる。

 

 血液を調べた結果、アトピー性皮膚炎になった場合は、卵アレルギーを発症しやすいことも分かった。同センター生体防御系内科部アレルギー科の大矢幸弘医長は「アトピー性皮膚炎の発症率をさらに減少させ、食物アレルギーの発症予防を実現したい」と話した。〔共同〕
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO77834710S4A001C1CR8000/

 

皮膚のアトピーと、食物アレルギーは実は密接に関連しており、
毎日の保湿でアトピー予防⇒食物アレルギーも予防
ということが、最近わかってきています。

 

ただし、既に発症したアトピーに関しては注意が必要です。
以下のような研究もあります。

世界初・アレルギー疾患の発症予防法を発見(アトピー性皮膚炎発症が卵アレルギーの発症と関連)

国立研究開発法人国立成育医療研究センター
最近になってアトピー性皮膚炎の皮膚では免疫細胞が表皮を貫いて突起を伸ばしていることが分かりました。今回の検討において保湿剤は皮膚乾燥を防ぎアトピー性皮膚炎の発症を防ぐことが示されましたが、一度アトピー性皮膚炎になると保湿剤を塗るだけではIgE抗体の産生を防ぐことはできませんでした。

 

これまでの成果を総合すると、アトピー性皮膚炎から他のアレルギー疾患の発症を防ぐためには、保湿剤だけでは不十分で、皮膚炎症を抑え免疫細胞の突起を引っ込めさせる必要があると想定されます。

 

このことにより、将来の日本国民のアレルギー疾患発症率を大幅に減少させることができると期待されます。

 

ポイント

・毎日保湿剤を塗ってやることで、アトピーの発症を予防できる。
・スキンケアでアトピーの発症を予防することで、食物アレルギーの発症も予防できる。
・既にアトピーと食物アレルギーが発症している場合は、スキンケアだけではアレルギーの治療は難しい

 

乳幼児のお子さんをお持ちの家庭では見逃せないニュースですよね。
どちらにしても、毎日お風呂で身体を洗うわけですから、その石鹸をヒューマンフローラに変えることで、
赤ちゃんやご家族の将来の幸せにも、想像以上の影響が出てきそうですね♪


テレビで紹介された整菌スキンケア!

かゆみ、かぶれ、ぶつぶつなどの肌トラブルに悩んでるあなたへ。

まずはお試しセット1080円!

>>【ヒューマンフローラトライアルセット】<<