乳児湿疹はいつから出始める?

赤ちゃんのお肌はとても薄く、バリア機能も弱いのでちょっとした刺激でお肌が荒れやすい状態にあります。
いわゆる乳児湿疹と呼ばれる赤ちゃんの肌荒れの症状はいつから現れるのかというと、早い子では生後1週間頃から現れ始めます。
その原因の多くは、皮脂の過剰分泌です。
赤ちゃんはお母さんからの女性ホルモンの影響で皮脂分泌が多いため、その皮脂が毛穴に詰まって肌荒れを起こしてしまいます。
また、バリア機能が低いため、外部からの刺激でもすぐに肌荒れを起こしてしまうので、自分の手で顔や体を引っかいたり、肌に触れる服や布団の摩擦で肌荒れを起こすこともあります。

 

対策としては、低刺激の石鹸をしっかりと泡立てて、毎日優しく洗い流してあげること、そしてお湯を含ませたガーゼで優しく拭いて皮脂を落としてあげることが大切です。
また、患部にかさぶたができてしまうことも珍しくありませんが、お風呂に入る前にワセリンなどで柔らかい状態にしておくと落としやすいです。

 

乳児湿疹のピークは0才代で、成長とともにバリア機能も働きはじめるので、1歳を超える頃には多くの赤ちゃんから乳児湿疹の症状は自然に消えていきます。
遅い子でも2歳を超える頃までには症状が消えることがほとんどです。

 

赤ちゃんに大人用のスキンケアは要注意!

すぐにでも赤ちゃんに保湿クリームを塗ってあげたくなりそうです。
しかし、赤ちゃんに使用する場合には、注意点があります。

 

まずひとつは、間違っても大人用の美容クリームなどを塗ってはいけないということです。

 

大人用の美容クリームなどには、殆どの場合、合成界面活性剤が使用されています。

 

一般的な乳液や化粧水は、水と油を混ぜて作られています。
しかし、水と油は混ざらないことで知られていますよね。
そこで、界面活性剤を使用して混ぜているのです。
この界面活性剤は、皮脂のバリアを溶かして、肌本来のバリア機能を壊してしまう性質があります。
皮脂のバリアが壊れた所に、美容成分などが染みこんでいくので、塗った直後は肌が綺麗になっていきます。
しかし、それを繰り返しているうちに、美容クリームなしではいられない肌になってしまうのです。

 

もともと免疫力が弱い赤ちゃんに、界面活性剤入のクリームは大敵です。
保湿クリームを塗る場合は、必ず合成界面活性剤不使用をはじめ、防腐剤などをはじめ無添加のものを選びましょう。

テレビで紹介された整菌スキンケア!

かゆみ、かぶれ、ぶつぶつなどの肌トラブルに悩んでるあなたへ。

まずはお試しセット1080円!

>>【ヒューマンフローラトライアルセット】<<