ヒューマンフローラでアトピー症状が悪化する?

このページに『ヒューマンフローラ 悪化』という検索ワードで訪問してくださる方が結構いらっしゃいます。

 

ヒューマンフローラは皮膚に元々住んでいる皮膚常在菌のバランスを整え、
善玉菌優位の状態に持っていくことで、アトピーや脂漏性皮膚炎などの肌トラブルを解消しようと言うものです。

 

従来のスキンケアのように、汚れを落としたり美容成分を浸透させたりするものとは違う、新しいアプローチですが、
稀に「ヒューマンフローラを使ったら症状が悪化した」という口コミもあるようです。

 

ヒューマンフローラを使って、症状が悪化してしまう場合に、考えられる原因を見ていきましょう。

 

ヒューマンフローラ

力を入れてこすりすぎていないか?

日常生活の中で、肌にダメージを与える要因は様々ありますが、
その中でも特に大きいのが「洗顔の際の手との摩擦」であることは、意外と知られていません。

 

手でもタオルでも、力を入れてゴシゴシこすることは、肌に大変なダメージを与えます。

 

力を入れず、ゆっくりやさしく洗ってあげるだけでも汚れは十分落ちますので、洗い方には注意しましょう。

 

流しすぎていないか?

ヒューマンフローラの整菌スキンケアは、皮膚常在菌のバランスを整えることを目的としています。
そのため、悪玉菌を倒す成分と同時に、善玉菌を増やす成分も配合されています。

 

よく、ヒューマンフローラの口コミで「洗い上がりがヌルっとする」というものがありますが、
それで正しいのです。

 

あまり流しすぎてしまうと、肌に必要な成分や善玉菌まで流してしまいます。
流し残しは心配ですが、肌表面が少しヌルっとするのはなんの問題もありませんので、流しすぎないようにしてください。

 

腸内環境が悪化していないか?

特にアトピー性皮膚炎の場合は、腸内環境の悪化が原因となる場合が多くあります。

 

腸は体に入ってきた栄養を吸収する場所ですが、
その腸の環境が悪化することで、有害物質を排出するための免疫機能が過剰反応して、
それが肌に現れるのが、アトピーの原因と言われています。

 

すでに幼少期の食物アレルギーとアトピー性皮膚炎には密接な関係があることがわかっており、
肌環境と腸内環境はリンクしていることが証明されました。

 

いくら肌表面の環境を整えても、内側の腸内環境が悪化していては効果が出ない場合もあります。

 

食生活などに注意して、腸内環境の見直しもしていきましょう。

 

好転反応の可能性

アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎などの治療の際、
体質改善によって、今までたまっていた有害物質の排出が促進されて、
一時的に肌の状態が悪化することがよくあります。

 

これを”好転反応”といいます。

 

これは身体が有害物質と戦って外に出していることで起こるものですので、
この場合はまさに”効いている”ことの証明なのです。

 

通常、好転反応は一週間から二週間程度で収まり、症状も改善されていくものですが、
不安な場合は、ヒューマンフローラのアドバイザーに電話で相談することが出来ます。
購入者であれば、かなり親身に相談に乗ってくれますので、オススメです。

 

もしくは、お近くの皮膚科医に相談してもいいと思います。
現在は、整菌スキンケアの認知度もかなり高まっていますので、お医者さんであればより正確に診断してもらえるでしょう。

 

 

整菌スキンケアは赤ちゃんやアトピー患者にも使われている

いずれにしても、ヒューマンフローラの整菌スキンケアは皮膚科学会でもその有効性が認められ、赤ちゃんのアトピーや乳幼児湿疹、
アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎、酒さ性ざ瘡などの肌トラブルに悩む多くの方にも、その効果が支持されています。

 

Amazonやアットコスメなどの大手サイトでも、「効いた!」という口コミが数多くありますので、
肌トラブルに悩む方は、一度試してみる価値はあると思います。
その際は、かえって症状を悪化させないように、このページの内容を参考にしてみて下さい。

 

なお、本商品はなかなか高いので、はじめての場合はトライアルセットをオススメします。

 

テレビで紹介された整菌スキンケア!

かゆみ、かぶれ、ぶつぶつなどの肌トラブルに悩んでるあなたへ。

まずはお試しセット1080円!

>>【ヒューマンフローラトライアルセット】<<